忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509
旅行に行くずっと前から分かっていた。
私たちが出かける当日は雨降りの天気で、それもかなり強めの
雨が降るということを。

お天気ばかりは文句を言ったってしょうがない。と早々に観念して、
今回の旅行は、温泉につかり お料理を食べて 本を読んで 眠ってと、
ただ体を休めればいいと思っていた。
それでも、仕方がない・・と諦めるのにちょっぴり努力を要したのが、
富士山が雲隠れして拝めない状況。
真ん前に富士山が見えるホテルをわざわざ選んだのにね。

一日目、今までそこにあるのは知っていたけれど、あまり興味を惹かれずに何度も
前を通り過ぎていたオルゴール館に入館してみた。
これがけっこう意表をついて面白かった。

我が家の単発旅行の歴史の中で、「オルゴール館」への私の理解・印象の程は、
オルゴールの仕組みの説明が何らかの形で毛の生えた程度に行われた後に、オルゴール
ショップでの来場者の購買意欲掻き立てるのが主流であるのだろう。というまぎれも
ない思い込みであった。

実際に体験してみると、何かを見て回るというよりも、音楽のコンサートを聴きに
行った。というほうが近いように思える。

ヒストリーホールで行われた、大きめの洋服ダンス大の、どっしりした「自動演奏楽器」
や「オルゴール」の演奏は、長い年月に深い飴色となったのであろう艶やかな木箱の
板に、音の振動が小気味よくはじかれて、ノスタルジックな音色を私たちの耳に届けて
くれた。

この大きなオルゴール一台、中にはバイオリンも組み込まれてあって、バイオリンの
音色で自動演奏をするのもあるのだが、人々は250年かけてその一台を作り上げたと
いうから気の遠くなる話である。

雨もまんざら悪くないじゃん・・と言い合って、ホテルについて温泉三昧のんびり
三昧して翌日目が覚めたら、目の前に、真っ白な富士山が輝いていた。

























PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]