忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
我が家の朝の様子が昨日までと違っていた。
いつもの 二人と一匹の朝食時間に、今日は 娘も息子もすでに身支度を整え、リビングをうろうろしていた。

見慣れない状況に、「なんか部屋が狭いなあ、今日は。」と主人がぼっそり言った。

 今日から社会人の仲間入りをする二人。
稼ぎ始めたら家を出なさいね。とずっと言っては来たものの、「もう少しお金を貯めないと実際の話出れないよ・・」と言われて、それもそうだと簡単に納得。

 午後、バレエから家に帰ってきても、そこには だらだらと寝っころがってパソコン画面に釘付けになっている二人がいない。そうだ、彼らは働いているのだ! 何だ、この嬉しい感覚は。

 ゆっくりと一人でお昼を食べ、録画しておいた「さよなら幼稚園」を見だした。
こ、これは、すごく良くできた素晴らしいドラマなんじゃないか・・と驚き始めたところ、ピンポーン とインターフォンが鳴った。

 受話器を取ってみると、「お久しぶりー!ちょっと近くまで来たので寄ってみたの。」と懐かしい声が聞こえた。

まだ下の息子の影も形もない、娘が一才の頃に住んでいたアパートのお隣さんが、突然訪ねてくださったのだ。あの当時小学校の2年生だった娘さんも素敵な女性になって目の前に現われた。

「顔を見に来ただけだから。」と、ほんの20分くらいのおしゃべりに、ぎっちり懐かしばなしを盛り込んで、また今度はゆっくり遊びに来てね。と車を見送った。

 懐かしさに占領されてぼんやりした後、「さよなら幼稚園」の続きに戻った。
ちょっと無理無理戻ったにもかかわらず、もう次の瞬間には引き込まれていた。

 こどもの目線で映し出される街中の風景。子供達が交わすちょっと今時でかわいらしい会話。ストーリー展開の自然さ。脇役の充実。岸辺一徳さんのホームレス・・やはりいいです。そして 片桐はいりさん。いしだあゆみさん。

 そして、誰もが心を盗まれてしまうほど可愛い芦田愛菜ちゃん。
怖いのは、可愛いだけでなく演技も大人顔負け・・というか大人にはできない種類のすごさ。その愛菜ちゃんが、他の4人のこれまた強力な子役さんを引き連れて出ずっぱりなのだから、目が離せなかった。

 途中放送事故があったのが残念で、少しの間中断したりすでに放送された場面に戻ってしまったりと、おかしなことが起こってしまった。でもこれならもう一回ちゃんと放送されるかな。

 可愛い とか 泣ける というよりも、しみじみと心に感じるドラマでした。

 
 

 


 

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]